スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小林ゆう

どーもっ!
今日はディズニーシーに行ってきました。
とっても疲れましたねw
やっぱり、運動不足はダメですね。

えーっと、今回は声優紹介なんですが紹介するのは、
俺が声優の中で一番大好きで崇拝している『小林ゆう』さんについて紹介します!

経歴

声優になる以前は雑誌モデルとして活動していた。

2003年、声優として活動を始める。

2006年6月20日、ファンクラブ『White Wing』を発足。

2007年、『空のコトバ』で歌手デビュー。

2008年、第2回声優アワードにて新人賞(女優部門)を受賞。

2009年冬より、「Crush Tears」として音楽活動を開始することが発表された。
人物

* 役作りに対する姿勢はデビュー当時から現在に至るまで非常に真面目かつ積極的で、『DAN DOH!!』で共演した中原茂は自分の予想を超えた小林の熱心な姿を自身のHPのエッセイに綴っている。
* イベントや雑誌のインタビューでも一言一句丁寧に喋っているため、時間や文章が他の人よりも長めになることが多い。
* 栄養士の資格を持っている。
* ラジオ番組では不器用な一面を見せており、勢い余ってよく机やマイクに頭をぶつけたりすることがある。
* 魔法先生ネギま! 事実上最後のライブイベントPrincess Festivalでは感極まって泣いてしまった。

特色

演じる際の声質は低く、少年役から美少女、ドMからドSまで、はたまたハイテンションな役までをこなす。

特にララ・ゴンザレス(『スクールランブル』)、猿飛あやめ(『銀魂』)や桜咲刹那(『ネギま!?』)、木村カエレ(『さよなら絶望先生』シリーズ)など、高松信司、新房昭之両監督の作品においてエキセントリックなキャラクターを演じる事が多い。

少年役は活発なタイプから大人しいタイプ、中性的な子供まで幅広く演じ分け主演も多い。


はい。神です。仏様です。
最近、活躍の場をどんどん広げてきている期待の声優さんです。
なんと、声優をやる前はモデルをやっていたという経歴を持ってるんですねぇ~。
結構珍しいんじゃないかなぁ~。
しかも、元モデルだけあって背も高くすごく綺麗です!
でもゆうさんは、ちょっと変わってるというか・・・・。
独特な雰囲気をもってるんですねぇ~(苦
まぁ、そんなとこも好きなんですけどね!
かっ、勘違いしないでよね!
声優として好きなわけで、いいいい異性として見てないんだからね!/////
じゃっ、じゃぁもぉ寝なきゃ行けないから。
ばっ、ばいばぃ・・・・・。


2fe21e19.jpg






スポンサーサイト
[ 2009/11/01 21:40 ] 声優紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。